2009/07/16

神おこしの連鎖

2008年11月から始まった神おこしは、神々に導かれ全て具体的に縁ある場所と縁ある方々、ご夫婦、ご家族により進められて来ました。歴史をかけて準備 されて来た天人地一体連携の計画は見事に展開され、人智では計り知れない神々による神おこしの連鎖と人間の神性への目覚めが加速されています。
下記は4月から7月15日までのポイントの紹介です。
4月初旬・・・
新しい文明の霊的種となる島をセントラルスポットと繋ぎ、周辺地域に新しい調和文明 (銀河宇宙文明の鋳型)を具体的に興して行く始まりの時代を迎える。
・三女神を導かれた神々の解放と霊界人の道開き
・近年において理想郷つくりのため動かれた神々の神おこしと霊団の道開き
5月5日・・・
飛騨に理想郷を創るため降り立たれた神々の解放と神おこし
5月12日・・・
八方位を治める神々の解放と神おこし
5月16日・・・
イワナガヒメ命の解放と神おこし
5月19日・・・
コノハナサクヤヒメ命とイワナガヒメ命の解放と神おこし
歴史的確執を越え和合、女性達の歴史的確執解放と天意を中心に調和する女神達の道開き。 オオヤマツミ命の解放と神おこし
5月19日・・・
神おこしに神々の具体的な助けが始まる
5月23日・・・
菊理姫命の解放と神おこし
5月26日・・・
ウガノミタマ命と大市比売命の解放と神おこし
5月29日・・・
東の鬼子母神の解放
5月30日・・・
鬼子母神の甦り・母神の新たな育みの始まり
6月1日・・・
神の子達の誕生によるイザナミノミコトの解放と神おこし
6月1日・・・
西の鬼子母神の解放
6月2日・・・
日本列島に炎の山を定めよとメッセージ
人間のアセンションに関わる日本全国の山々をセントラルスポットと繋ぎ炎山(炎の山・えんざん)として定め、 世界の縮図としての日本列島を炎で浄化することが必要です。
・炎山とは・・・・・・・・・・・・
セントラルスポットに繋がる太陽の山という意味です。
セントラルスポットと繋がった山は、太陽の山と同じ磁場を持つことになります。 霊界人が自分ではどうすることも出来ない人間の穢れは太陽に触れると炎として燃え上がります。ですから、霊界から見ればセントラルスポットは太陽の山・光の山に見え、各地の山々(特に修験の山として開かれた山)は、救いを求める霊人達が持つ多くのカルマが太陽に触れ穢れを燃やされ炎をあげている炎山と見えるのですね。
世界の縮図の日本列島は、地球上の穢れを吸い込むブラックホールのようなところですから、日本の山々を炎山として定めることは、日本列島に集積する地球霊界と人間の穢れの想念を炎で浄化することになります。 人間の神の子意識への目覚め、神性への目覚めが加速して行くと、地球霊界の神々はヤハウェの元に帰還する道が加速していくのですね。
今、日本列島の山々を導きの順に炎山と定める動きが必要です。
日本列島各地に太陽が昇り、本来の太陽の島・東方の日出国として光を放つ時代の始まりです。
6月6日・・・
長子の背負う重荷ゆえ心痛めて来た母親達の守護神解放の道開きと長子が真の母性の愛にふれ解放されていく道開きが始まる。
6月7日・・・
広島県に炎山
6月8日・・・
東京都に炎山
6月11日・・・
山口県に炎山
6月18日・・・
櫛真智命の解放と神おこし
6月19日・・・
奈良県に炎山
奈良に理想郷を創る為降り立たれた神々の解放と神おこし
6月20日・・・
岐阜県、滋賀県に炎山
6月21日・・・
女神達の真の母性の顕現の始まり
6月22日・・・
福島に理想郷を創る為降り立たれた神々の神おこしと炎山
6月23日・・・
真の母性の顕現による長子の解放の道開き
6月26日・・・
太陽神界と地球霊界を繋ぐ神々の動きが具体的に始まる
6月28日・・・
山形県に炎山
6月30日・・・
健御名方命、八坂比売命、沼河比売命の解放と神おこし
6月30日・・・
滋賀県に炎山
琵琶湖周辺に理想郷を創る為降り立たれた神々の解放と神おこし

7月2日・・・
人間が自らの神性に目覚める為待って来た不動明王の解放の始まりを伝えられる
7月3日・・・
沖縄 祝女の歴史の清算と神おこしの始まり
7月5日・・・
人と霊界人の執着により、歴史的に最後まで国譲りが成されなかった神域の所有権返還される
7月6日・・・
各地の理想郷造りのため降り立たち直接人間を導かれた宇宙生命体との出会い
7月7日・・・
山梨県に炎山
7月9日・・・
東京都日の出に炎山
7月9日・・・
女神達の召集始まる
男神を中心とした経綸歴史でしたが、このたびは全ての役割りの先頭を女神達が担います。 日本の神話に登場する様々な役割りを担った神々が女性の中から誕生します。 同じ役割りを持ち来られた男神は、女神をサポートし過去の歴史の清算と新しい歴史の創造に携わり、 男神と女神の調和による経綸の始まりとなります。
7月10日・・・
太陽の剣を掲げたスサノオノミコトの起動
7月11日・・・
新しい天地創造神話の始まり実働天孫降臨時の神々のディセンションが順次始まる
7月12日・・・
サルタヒコ命とアメノウズメ命の解放と神おこし
7月12日・・・
事代主命の解放と神おこし
7月14日・・・
大国主命の解放と神おこし
7月15日・・・
スサノオ系の霊団の解放、神の子として自らの道を開きながら聖国建国に人間を介して動く準備整う




※2009年のメッセージブログ「天人地光還-母の愛、地球の愛、宇宙の愛 」を統合し再掲載しました。