2012/08/08

【転記】独身時代の意義

フランシスコさんのFacebookでのメッセージ(注)です。とても大切な内容ですので転記しました。

8月7日投稿

独身時代に生きておられる皆さんは、カルマ解消という視点から見ればとても恵まれた立場にあるのです。独身であるということは、人類始祖のアダムやイブの 立場からカルマ解消の道を歩み易いのです。その意味では独身者ほど霊性の成長進化は速く、魔性の克服も速いのです。だから自分は結婚が出来ない・・・と悩み結婚を焦る必要は全くないのです。

神の子意識に目覚める前に家庭を持つということは、カルマの法から観れば堕落した人類始祖と同じ立場であり、神聖なる性を穢した罪意識を克服せずに性的関 係を持つことは、カルマを増幅拡大することであり、双方に相手のカルマに責任を持ち合う立場となり、独身の立場よりもカルマ清算の道のりが長くなるので す。

要するに神の子意識に目覚める前に性的関係を持つということは、相手のカルマをお互いに背負うこととなり、責任を持ち合う関係になるのです。ですから結婚 をした場合は余程のことがない限りは離婚すべきではないのであり、再婚を重ねる度にカルマは荷重に増大することとなり、カルマ清算の道程は困難となるので す。人間目線だけで結婚を...繰り返している人は例外無く、年と共に分裂と破壊の道を辿るのです。

だから独身者は置かれている立場を感謝すべきであり、神の子意識に目覚めてから導きの中でいずれ結婚をすべきなのです。これは年齢には関係ありません。確かに年齢は子供を生むことを考えれば制約もあるでしょうが、それ以上に神の子として親なる守護神を愛する子女の愛を完成すべきであり、そのためには一生独 身の道を行かざるを得ない人もいるはずです。

しかしいずれは神の子同士がツインソウルとして結ばれ神とともにある夫婦の愛を完成することは神々の願いでもあるのです。だから結婚する事と子供を生むこととは別に考える必要があるのです。

カトリックの聖職者たちが独身を守るのは、心の奥深くに潜む罪意識を清算するまでは独身を貫こうとするからであり、しかし結婚により神の子を繁殖出来なけ れば親の愛を完成することは出来ず、そのために「産めよ!増えよ!地に満ちよ!」との聖書の記述との矛盾に苦悩するのです。

今、Project GAIAのメッセージに触れて理解を深められた皆さんは、カルマの呪縛から解き放たれる最初の初穂となるのです。それがどれほどの恩恵であり、神々の歴史的な願いであるのか、神の愛の恩寵に皆様と共に心から感謝を捧げたいと思います。

感謝合掌


(注)このメッセージが発信された2012年当時のFacebookは終了しました。現在2012年〜2013年分で公開可能なメッセージを整理しています。出来次第、Project GAIA広報センターでお知らせいたします。